Twitterにログインをして自動でつぶやく

Twitterにログインをして自動でつぶやいてみます。Automation Anywhereには「レコード機能」と呼ばれる便利な機能があるので実際にはこんなことをしなくても良いのですが、基本の「マウス」「キーボード」「待つ」の動作を覚えるために解説します。

アプリケーション: プログラム/ファイルを開く

  1. プログラム・ファイルの場所を「C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe」
  2. パラメーター (オプション)を「--incognito」

キーストローク

  1. ウィンドウを選択「アプリケーション」「現在有効」
  2. キーボード操作クリック
  3. キーストローククリック
  4. 「https://twitter.com/login[ENTER]」
  5. 各キーボード操作間の遅延 (ミリ秒) (オプション)を「100」

マウス: クリック

座標をキャプチャしたいので、ここで一旦実行ボタンを押してブラウザをそのままにしておく

  1. ウィンドウを選択「アプリケーション」「現在有効」
  2. 座標をキャプチャ
  3. twitterのログインユーザー欄でクリック

遅延

遅延は「待つ」ということ、WEBブラウザは人間のために作られたツールなので入力可能な状態になるまでにかっこいいエフェクトなどがかかる場合があります、ロボットはそれらが終わり入力できる状態になるまで適宜「待つ」必要があります。

  1. 遅延を「1」
  2. 時間単位を「秒」

キーストローク

  1. ウィンドウを選択「アプリケーション」「現在有効」
  2. キーボード操作クリック
  3. キーストローククリック
  4. 「rpacamp[TAB]【パスワード】[ENTER]」
  5. 各キーボード操作間の遅延 (ミリ秒) (オプション)を「100」

遅延

  1. 遅延を「2」
  2. 時間単位を「秒」

マウス: クリック

  1. ウィンドウを選択「アプリケーション」「現在有効」
  2. 座標をキャプチャ
  3. twitterのつぶやき欄でクリック

遅延

  1. 遅延を「1」
  2. 時間単位を「秒」

キーストローク

  1. ウィンドウを選択「アプリケーション」「現在有効」
  2. キーボード操作クリック
  3. キーストローククリック
  4. 「my first comment by AA」
  5. 各キーボード操作間の遅延 (ミリ秒) (オプション)を「100」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です